ぼやき。

 

めーる。

まとめ。

RSS。

こーど。

QRコード

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/12/26 (Mon) JapEn7th

やって参りましたJapEnの季節でございます
制作委員のみなさま、JapEnに関わったすべてのみなさま、お疲れ様です
ぼくは今年も楽しませていただきました

今年は仕事のために公開待機ができないという事態でして、
20歳になったことを再確認しました…



今回のJapEnは映像作品としてのクォリティが非常に高かったですね
かっこいいです

6thと同様、推薦だろうが完全審査制ということでしたね
今年は呼ばれることはなく(当たり前ですが)、時代の流れを今更に実感しました

今年公開されたCVは全部と言いませんが8割ほどは目を通してきたつもりです
しかし実際自分が動画を撮ったのは10数本でした
自身がペン回しから遠ざかっているのは確かなことで、それを再確認させられました



しかしJapEnが楽しみであることには変わりなく、
せっかくなら今年で最後だろうけどもJapEnに関わりたいという気持ちが片隅にありました

偶然11月の終わりに時間をかけて撮影していた動画が手元にあり、
JapEnに関わらずして意見を言うのも筋違いな話だなと思って、迷った末に動画を提出しました
動画を提出したということで、その時点で自分では満足していました

なので実際に成果物を見たときにただただ驚きました
と同時に申し訳ない気持ちがありました

あの形で今年のJapEnの一部を飾るというのは不本意でした
制作委員会の考えた末の判断なのでしょうが、
出来上がったものはそれ以外で評価されることはないのです

提出されたものだけの印象だけでなく、実際の映像に載せたときの印象も考慮する必要があります
ぼくはあの形なら、他の人を出した方がよかったように思います



問題の僕の動画は先述の通り特にJapEnを意識した動画ではなかったので、はっきり言っていつも通りです
しかし今回の出演者及び落選者の動画を見るとJapEnという気負いからか、
いつも通り以上の力を出せている人がほとんど、というわけでは決してありませんでした

公開後に制作委員の方々と話をしましたが、
きっとそれが制作委員を悩ませた原因だったのでしょう
難しいものです



はやりJapEnとなると様々な心情が生まれます
他人の目を気にします
誰もに認められたいと思います

その気持ちは自然なことですが、それではいいものは生まれにくいでしょう
誰が見てもウケるというのはかなり一般化された状態にあります
それでは個人の魅力が半減です

やりたいことやったれ、やり切った
くらいの方が伝わる人にちゃんと伝わります
いいものができます

ただしそれなりの反発があることも理解しておく必要があります
今回に関してぼくはやりたいことやりましたし、後悔はありません

まあぼくは今回も相当バッシングを浴びていますが、
ある意味では反応が大きいということなので成功したなと思っています
見てくれない、反応がないというのが一番の失敗だと考えていますので



そして今回のJapEnの企画はどうだったのでしょう
去年は世代交代という大きなテーマを掲げ、
ぼくもそのテーマを感じることができました

今年のテーマは何だったのでしょう
映像作品としてはかっこよかったです
とてもいいものでした

しかし企画として、何がテーマだったのでしょう
今年は少し不明瞭です

制作委員の方々と話をしていても、
動画の評価基準が「映像としてどうか」という部分が大きかったように感じました
「BGMとのマッチ」をかなり優先しているような印象でした

そう、だから結果としてかっこいい映像に仕上がっているのです
しかしそれ以上を感じることは少し難しいです
メッセージなくして人を感動させることは難しいのです

がおちゃんがtwitterで
「今年はうまいやつ集めまくる」
「今年は古参復活祭や」
と予め方向性を決めておくとよいのではないか、と提言していましたが

まさにその通りで、皆が求める形やテーマをあらかじめ提示するというのが
今までに足りなかったことなのではないかと思いました



動画は圧倒的にモナチョさんがよかったと思います
特に構成は、研究すべきだなと感じました

初見ですべての魅力が伝わるFSだったように思います
次は何が起こるのかといったワクワク感が、あの20秒ほどに凝縮されています
ぼくはとても不思議な感覚に陥りました

これが今回モナチョさんが大きく評価されている要因だと思いました
目ですぐわかるコンボと少しひねったコンボの混ぜ方が非常にうまいのです

ぼくは手品をやっているわけですが、
手品における呼吸とストレスの考え方に通ずるものを感じました

手品をお客様にぶっ続けで見せるとどうなるでしょう
非常に疲れます、飽きます

息抜きを挟んだり、
そもそも演技の中に集中させるところとそうでなくても良いところを作ったりして
できるだけ気持ちよく、効果的に演出します

これを、ぼくはモナチョさんの動画から感じたのです
やってることはいい意味で非常に気持ち悪いですが、見るには一種の気持ち良さがあります
それが今回の彼の動画が大きく評価された要因なのではないでしょうか



JapEnが必要かどうかという声もありますが、ぼくはあってもいいんじゃないかなと思います
毎年みんながこうして集まってお祭り騒ぎなんてJapEnがないとできないです
毎年これがあるから楽しいといいますか、
一種のモチベーションのためにぼくは必要なのではないかなと思うわけです


ペン回しのビデオを作るというのは実はあまり意味がないのではないか、
そういう考えに触れたことがあります(僕の考えではない

編集の際に、どうしても出演者の動画をカットしなくてはいけない
などということはよくあることです

しかしペン回しの動画というコンテンツが、短く、組み立て作業の成果物という性質から
カットという行為はある意味冒涜に値するのではないか、という場面は必ず発生します
音楽に合わせるがために、コンテンツの魅力を損なう可能性は大いにあります

そこまでしてビデオを作る必要があるのかと
それは「ドラマ作るからみんなそれぞれドラマ1本撮ってきて。
みんなの動画のいいとこだけ寄せ集めていいドラマ1本にまとめるから。」
と言っているのと同意だ、と

確かに、と思ったのです
しかしJapEnが不要だとは思わなかったです
同時に、ペン回しのCVというコンテンツがまだ確立されていないのだという事実に気付かされました



いろいろ言ったんですけども今年のJapEnも大きな意味があったと思います
きっと来年もまたJapEnを企画するのであればもっとよくなるでしょう
来年もとても楽しみに見るだろうと思います

はい
もうぼくは十分邪魔してしまったんでこのくらいで
みなさま良いお年をー

スポンサーサイト

まわし。 | comment(11) |


<<6年記念 | TOP | タイトルなし>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

バッシング≒反応が大きい=成功って解釈は明らかに違うのでは?
確かにあなたのfsはじゃぺん用として不相応だったかもしれませんが、色々な事情が影響した結果出演出来たのですから、そんな変な正当化はせず堂々とすればいいじゃないですか
かと言ってtwitterでのような他人の落選動画を批評するのは違うと思いますが。

あと手品とfsでは明らかに尺が違いますし、息抜き云々の表現はおかしいのでは?
先に挙げたtwitterのsisterR氏の見る辛さを暗に示してるように見えますよ?
自分の至らない部分の不本意さを他人を批評する形で補うのは非常に見苦しく感じます。

当たり障りのない文章に見えて、実は自己の正当化と、他人及び運営の批判を展開しているだけに見えました

乱文失礼

2011/12/26 23:39 | [ 編集 ]


 

コメントありがとうございます
細かいところまで読んでいただいてありがとうございます

しかし、ぼくがこの記事を書くにあたって
あまり重要でない点をピックアップし、加えて誤認識をされているようです
ただ粗探しをしているようにも感じ取れましたが、一応補足をば

読めば分かりますがバッシング=成功とは言ってないです
バッシング≠失敗とは言いましたが
やりたいことをやるのを恐れてはいけないというメッセージです
あとは自虐ですかね

手品は「例えばの話」です
そりゃあコンテンツの差があるのは誰でも見れば分かります
しかしぼくがモナチョさんのFSから感じたそれは近いものがありましたので、例えに使いました
ちなみに、なぜモナチョさんのFSが「良い」のか分析した
という話なのでSister_Rさんは関係ありません

twitterでSister_Rさんについて書いたのは
ちょうどその時制作委員の方々と審査についての話をしていまして
今年惜しかった人にSister_Rさんが含まれていなかったため疑問に思って元動画を見たのです
その際の率直な感想ですので批評と言われるとそこまでのものではないです
立場的に言うべき言わないべきがあると思いますので軽い気持ちで書いたことは反省しています

運営への批判はどこを見ても見当たりませんが、この提言が批判に見えたならぼくの説明力不足です
ごめんなさい
そりゃあこの文章やtwitterの発言をトリミングして示せば批判的な部分や
意味不明な部分も見つかるでしょうけど、
前後の文脈から判断してそのような意味を持たないことは明白です

一応ぼくは制作委員の方々と直接お話していますし今年のJapEnの全容とまではいきませんが
少なくともここやtwitterに書いていることは事実と実情に基づいて書かれているので、
当てずっぽうや憶測を基にしている無茶苦茶な言い掛かりとは違いますし、
ぼくはそういうのが一番嫌いです
この記事を読んでもらった人に、少しでも実情に疑問を持って、
考えてもらいたくてこの記事を書いています
粗探しの報告はしたらばで充分ですし変な誤解をされても困りますので
ここではやめていただきたいです

2011/12/27 17:28 | turugi [ 編集 ]


 

最初の方がいろいろ代弁してくださったので書き込まないつもりでしたが、やっぱり思った事書かせていただきます。

>まあぼくは今回も相当バッシングを浴びていますが、
>ある意味では反応が大きいということなので成功したなと思っています
>見てくれない、反応がないというのが一番の失敗だと考えていますので
ここにバッシング≒成功って書いてあるように見えますけど?


あと手品との比較についてですが、そもそも10数秒の動画で息が抜けるとかって違うでしょうに
むしろペン回し動画って釘付けにさせてなんぼだと思うんですが

あなたの今までの発言やツイートを見てる自分から見たら、「俺の動画は見てて辛くないだろ?それに比べてsister_Rのは…」って感じの皮肉に見えます。某所でハイパーナルシスト鶴来と揶揄されるくらいですし。
あのツイートが批評のつもりでなかったとしても、批評と捉えられて当然の内容だったと思いますよ。

あなたは受かった身で、落ちた人について見てて辛かったと書いたらそりゃそう見えますし、叩かれますよ

あなたは自身を叩かれ役と言い揶揄してますが、あなたの発言(じゃぺん用じゃなかった。見てて辛かった。など)が単に批判されてるだけであり、叩かれ役という表現は明らかに違うかと。
 ツイート内容全文(もなちょさん組み立てうまいなあ 見せるところと息を抜かせるところがあるから集中して最後まで見れるし見せるところがちゃんと見せられてる Sister-Rさんの落選動画見たけど最後まで見るのが辛かった 見てもらうにはある種の気持ち良さが必要だということかな )


脈絡だとかそういう事は関係無しにあなたが不適切な発言をしてるのは事実なわけで、粗探しという都合の良い表現で排除出来る意見ではないと思いますよ。

2011/12/27 18:16 | [ 編集 ]


 

コメントありがとうございます

バッシング≒成功の件はニュアンスを伝えるのが僕の力では難しかったようなので
結果として適切な表現ではなかったですね
バッシング≠失敗、見てもらえたという点では成功
ということです

手品との比較は一般的なペン回しのFSには適応できません
息抜きという言葉のニュアンスがこれまた伝えきれなくて残念です
目で追えるところと追えないところの度合いと言いましょうか、そんな感じです
あくまで今回のモナチョさんのFSがなぜ大きく評価されているのか、
なぜ多くの人をくぎ付けにしたのか、ぼくなりに考えた答えが
手品がなぜ不思議に見えるのかということに似ているからではないかということだったのです

まあハイパーナルシスト鶴来はぼくが盛り立てたとこもあり
JapEn用でないなど完全に自分の撒いた種ですし
そこに関しては、そういう人間と思ってくれても一向に構いません
ただぼくはいつも、CVに出してもよい適切な動画だと思って提出しています
JapEnも例外ではありません

「俺の動画は見てて辛くないだろ?それに比べてsister_Rのは…」
という風にとられても仕方ないということですが自分の撒いた種という部分もありますし
そういった発言を公共の場に書き込む神経がよろしくない、本人に言えばよいというのは分かりますが
審査上はモナチョさんをヨシとし、ぼくがアリかナシかギリギリでSister_Rさんが同等かそれ以下だったかも知れない
その要因は何だったのか
という事実をみなさんにも考えてほしかったのです
本人で済む問題なら本人に言っています
あの時空気を読めなかった発言をしたということは事実で反省していますが、発言に後悔はありません

去年もそうでしたけどぼくという個人にばかり着目されてしまって
本来の大きな目的から逸れていてなんだか悲しいです
これも自分の撒いた種ということで受け止めていますけども

2011/12/27 19:46 | turugi [ 編集 ]


 

いい加減見苦しいよ

空気が読めてない発言で反省?
発言自体に後悔はない?

フォロワーが約400人いて、しかも某掲示板の連中も見てる中で、
sister_Rのは見てて辛いとか無責任な発言しといて何言ってんの?

しかもその辛いって発言した真意が、たかだか10数秒の動画で息抜けなかった(目で追えなかった?)とか意味不明
ただでさえペン回しってのはスローで解析しないと具体的に何やってるかわかんない訳で、少しでも理解しようとする人は瞬きすら惜しむくらい凝視してるってのに
えぐい事を常にやってたら息が抜けない(目で追えない)から見てて辛いとか、そんな適当に見てる人に意見する権利ないと思うんですが

しかもじゃぺんという一番大きなCVだからこそいつも以上に奇抜なことをやった人を、理不尽な理屈で公然と批評するとか、sister_R氏に失礼すぎる
独創性を捨てたあなたが言うっていうのもすごく腹立たしい

皆に考えて欲しかったならもっと別の方法があったでしょ
落ちた人を悪く言っといてよくそんなことが言えると思いますよ

2011/12/28 00:53 | [ 編集 ]


 

コメントありがとうございます

>辛いって発言した真意が、たかだか10数秒の動画で息抜けなかった(目で追えなかった?)とか意味不明
審査上はモナチョさんをヨシとし、ぼくがアリかナシかギリギリでSister_Rさんが同等かそれ以下だったかも知れない
その要因は何だったのか

真意はこちらです
確かに違う形での提示はあったと思います
随分適当に書いてしまったこともあり誤解が生じています
理解してもらいたいなら理解できるように書けって話です

うーん、そしてさらなる誤解を生んでしまいました
息が抜ける、抜けない=目で追えない、追えるは随分ぶっきらぼうな表現でした
ニュアンスを伝えるのが難しいです
「見る側の感じるストレス」としましょうか

これはぼくの動画の見方やペン回しに関する根本的な考え方にあるのですが
(ここが根本的に理解できないという方はぼくが言っていることは理解できないと思います)

一回目はビジュアル的に魅力的かを見るためにぼーっと見ます
二回目は実際に何をやってるか具体的に見ます、もしくは一回目に受けた印象の原因を分析します
ぼくはこの2段階が「良い」ものを「良いFS」としています
なので適当に動画を見ているという認識については否定します

今回の彼の動画における狙いであったり試みは分かりますが
視覚的に似た動きが多く、展開という展開もなく、技を繋げて提示するという
FSの最たる魅力を欠いてしまっていたように思います
どれだけオーダー上では違うことをしていても、実際の視覚的要素が似通ってしまっては
ワンパターンな印象を与えますし、なんかがっかりします
別に常にエグいことされてても構いません(ビジュアル的にも成功されてる場合のみですが)

要は見る側(のストレス)の配慮というものも必要かも知れないよって話です
そのコントロールがモナチョさんはうまかったよって話です
(ちなみに、逆にストレスが全く無いのもだめです
それは何の捻りもない面白くない普通のFSです)

そもそもtwitterという140字で語るには難しいものを、辛いと
吐き捨てたことが今回問題になっているという状態です

あと独創性を捨てたという部分は聞き捨てならないですねえ
現行から逃げるように今のような形になっているという認識はやめていただきたいです
そもそも独創性というのは独自で他にはなかった新しい発想を産み出すこと、
それに付随する新しい性質、ということですが

何もそれが新技だとか、新しいコンボにしかないかと言われれば必ずしもそうでなく、
基本の技であっても、組み合わせや提示の方法で新しいビジュアルが生まれるかもしれない
それがぼくの独創性だと思っています
少し話が逸れてしまいましたが

あと匿名で書き込むのは結構なんですけど、ぼくも匿名として見てしまいますので
そういった対応になってしまっている可能性があります
ぼくは誰に何を言われようとも当人に関して何も思いませんので、はい

2011/12/28 10:03 | turugi [ 編集 ]


 

ここのコメント見てると、ああペン回し界も変わったなって実感しますね。こういうこと書くと、懐古厨だ老害だと言われるのかもしれませんが、そうやって短絡的に罵倒する人が現れること自体が、最近のペン回し界の実情を表しているように思います。

前作で日本のペン回し界は完全に世代交代をしたように思います。
すでに老害と呼ばれる世代となった私からすれば、最近のスピナーさんの成長は著しく、素晴らしいなとつくづく感心します。もはや自分の単一的なスタイルで凝り固まった私では到底敵いそうも無いですし、世代交代は必然であったと実感します。

しかし、何だか最近は「今は俺達若いスピナーの時代だから空気の読めない古参は失せろ」といった風潮が少なからずあるように思われます。それは、したらばなんかを見れば感じ取っていただけると思います。
これはがるっきり私の勘違いであるのなら良いのですが、勘違いでないのならばそれは非常に悲しいことです。

今回のJapEnがどうだったか、turugiの作品がどうだったか、また落選した方は・・・といったことは、人によって思うところがあると思いますが、言ってしまえばそんなものは人それぞれの主観であり、また、その人それぞれの主観は尊重されるべきです。

JapEn1stがこの世に生まれたとき、私は非常に感動したのを覚えています。その時は今ほどペン回し人口が多かったわけでもなく、密かに友人と感動を分かち合いました。
3rdにもなるとかなり人口も増え、ayatoriはやっぱりかっけえwwなんて皆と言ってました。
4thでは今までとは違う斬新なスタイルとなり、時代の移り変わりを感じまた感動、5thでも感動、そして遂に去年の6th・・・と、JapEnが出るたび私は大きな感動に包まれ、おそらく殆どのスピナーがそうであったと思います。

では今年はどうでしょう。
7th公開後、各所で老害だの空気読めないだの・・・まともに作品を楽しもうとせず「turugiだ、叩け!」とでもいうような意味の分からない発想での発言。これが今のJEB、JapEnなのかと思うと、悲しくて仕方が無いです。
そもそも、空気読めないとは何でしょうか?この「空気」とはどういった「空気」なのでしょう。それはやはり、古参がしゃしゃり出てきたら叩けという空気なのではないでしょうか?


私は今回のturugiのブログを読んで、彼がJapEnに特別な感情と大きな期待を持っているのだと感じました。私とは全く違う捉え方、彼自身の個性的な感性でJapEnを見ており、しかしながら中々どうして共感を誘う内容です。彼の書き方には多少語弊を招くといいますか、言葉足らずな所があったのかもしれませんが、冷静に読めば彼の考えは掴めるはずです。古参だturugiだ叩いてしまえ、の前に、もう少し落ちついて、JapEnを見守る一スピナーとして純粋に文章を読んで欲しいと思いました。


長文かつ支離滅裂、また匿名でのコメント申し訳ありませんでした。

2011/12/29 22:03 | [ 編集 ]


 

>しかし、何だか最近は「今は俺達若いスピナーの時代だから空気の読めない古参は失せろ」といった風潮が少なからずあるように思われます。それは、したらばなんかを見れば感じ取っていただけると思います。

これは普通にある風潮だと思います。
というかどの業界、世界にもある事です。
何故そんな風潮になるかというのは至極単純な話で、尊敬される存在ではなくなるからです。
以前は技術的にも人間的にも尊敬していても、
技術的に追い越し、その人について深く知るうちにで色々な面で軽蔑してしまうなんてよくある話です。
古参が自分より新しい人をなかなか認めなかったり、自惚れが激しいというのもその内のいい例かと思います。


>7th公開後、各所で老害だの空気読めないだの・・・まともに作品を楽しもうとせず「turugiだ、叩け!」とでもいうような意味の分からない発想での発言。これが今のJEB、JapEnなのかと思うと、悲しくて仕方が無いです。

これは流石にあなたの見方が偏向しているのでは?
作品を見た感想として、何故あそこで見慣れた構成で新鮮味のないturugi氏なのか、というのが叩きに拍車をかけたように見えましたが。


>そもそも、空気読めないとは何でしょうか?この「空気」とはどういった「空気」なのでしょう。それはやはり、古参がしゃしゃり出てきたら叩けという空気なのではないでしょうか?

どこでそんな発言があったか知らないですが、あなたの偏向さ加減を象徴してる文章だと思います。




色々述べましたが、今回のは叩き側が一概に悪いとは言い難いと思うのです。
かと言って審査をした運営はそれを最善としてじゃぺんを作りあげたはずなので、それもお門違い(審査員が適切だったかという議論はあってもいいと思いますが)
なによりもturugi氏は自分が叩かれ、老害と言われる理由を考えた方がいいと思いますけどね。
今回の発言だけがここまで事を大きくした訳ではなく、
NPFやDM、PMの件や普段のツイート内容など不信を増長させた結果じゃぺん前に一度爆発し、
それが沈静化する前にまた爆発してしまった訳ですし

2011/12/30 02:11 | [ 編集 ]


 

>匿名のお二方
コメントありがとうございます

今年に限ったことでなくJapEnに関する批判は2ndの時からありますし、
人数が増えた今、そのような動きが目立つのは自然なことかと思います
何も批判がぼくだけで、それらが無条件に行われているわけではないですし
まあ真実を知らずして好き放題言うってのはいただけないところではありますけど

ぼくが叩かれて老害だと言われるということについてはコメントの流れを読めばもう解決してますよね
一応ぼくはこの記事でJapEnについて書いているわけで、
ぼくが叩かれることについてというのはJapEnに全く関係がありません
JapEnよりぼくが叩かれること云々の方が大事なのでしょうか
全く関係のないところにしかコメントがつかないので悲しいですが、
ちゃんとJapEnについては考えてくれているのでしょうか

ペン回し界に問題があるとすればここです
目の前の現象についてああだこうだ言うだけで
結局、本来の目的や根本的な問題や大きな流れについて誰も考えようとしない

ぼくはこの記事で
「FSもJapEnの企画もやりたいことをやればよい」
「JapEn以前にCVというコンテンツの見直しが必要なのではないか」
という大きな問題について掲げましたが、このことについて誰も何も考えてはくれないのでしょうか
話をするまでいかなくてもよいです、ぼくの提案を理解し考えるだけでもよいです

ぼくの人間性がどうとかぼくのFSがどうとか、そんなことよりJapEnの方が大事でしょう
ぼくを叩く、それに対しての考えなんてJapEnにとってどうでもよいでしょう(ぼくにとっては大事ですけど)
ここで誰か内容のある話をしましたか?あなた方のJapEnに対する想いはないのですか?
ぼくに関する言い合いが好きならしたらばでやってください

2011/12/30 09:57 | turugi [ 編集 ]


 

じゃぺんについて意見があれば、あなたではなく運営にするのが普通では?
あなたのブログなのですから、あなた本人についての内容になるのは当然だと思うのですが。

>ぼくはこの記事で
>「FSもJapEnの企画もやりたいことをやればよい」
>「JapEn以前にCVというコンテンツの見直しが必要なのではないか」
>という大きな問題について掲げましたが、このことについて誰も何も考えてはくれないのでしょうか

こんなとこで考えてもなんの進歩も見込めませんよ
それこそ雑談掲示板と同じ事になるだけです。

コテを名乗れば少しは意見として認知されるというのはありますが、
一コテのブログ上での提案なんてJEBでの提案に比べたら、提案の「て」の字も見込めないと思いますよ。
しかもあなたの弁明兼じゃぺんへの意見という中途半端な記事で、じゃぺんについて考えろとか
そういうのが自惚れであり老害と言われる所以と思わないのでしょうか?

もう一度言いますが、ここはあなたの個人ブログであり、
あなた個人よりじゃぺんの方が大事って話は的を射てないです。
それこそ公式ブログでやるべきでしょう。

じゃぺんへの想いとか言ってますが、
自分のブログで己についてコメントを貰っておいて、そういう発言は頂けないですね。
あなたについてコメントしたらじゃぺんについて何も考えてない事になるのですか?
あなたの事を批判したらじゃぺんの事を考えられなくなる程不器用な人間はいないと思いますよ。

2011/12/30 13:34 | [ 編集 ]


 

いい加減にしろクズ
見苦しいぞ

2012/01/01 18:23 | Ehven [ 編集 ]


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。