ぼやき。

 

めーる。

まとめ。

RSS。

こーど。

QRコード

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/09/18 (Tue) ペン回しの評価とは

Frontierさんのブログの記事を見て少し思うところがあったのでつらつらと。


様々な競技の「評価」というものを見ると、「その競技の本質に強く関わる項目」
が最も重きをおかれて評価されるべき項目であるとされていることが多いです。
(例えば体操やフィギュアスケートであれば、雄大さや美しさなど)


そう考えた時に、「ペン回しの本質(=本当に評価すべきもの)」とは何かという問いにぶつかるわけですが、
不思議なものでペン回し界の人間の思う「ペン回しの本質」は各人で全く異なっているのです。
これは完全に文化の違いなのです。


ペン回し資料室ができる前のペン回しの考え方はこうです。
「必要最小限の力で行う」「手首は固定」
「指から離れたものはペン回しではない」
「無闇に技を増やしたくない」「ペンの改造は禁止(暗黙の了解)」
これって今のペン回しと比べると全く別の競技だと思いませんか。


一口に、文字だけで「ペン回しの本質は」と問われれば
おそらく答えはここにあるのでしょうが、今の時代に適応できるわけではありません。
PDS1stの出現からJapEn1stまでで、明らかに暇つぶしとしての本質は第一でなくなったと言えます。
技を組み合わせて、より見栄えの良いパターンや構成をつくる、といった一種のアート要素を持ったのです。


やがて人は新しい技や見栄えを求め、技を発展させ高度化させ、そこに新しい価値をつけ始めたのです。
spinnerpeemやsupawitの出現でペン回しはよりいっそう、着実にジャグリング化が進んでいます。
彼らの出現で、価値観は大きく動いたといっても過言ではないと思います。


そこで、難易度が評価の中心になってよいものかという問いに関してですが、
物事の価値観は状況によって変動するので、一概にどちらとも言えないと考えています。
やはり評価の中心になるものは目的によるもので、先ほどの「ペン回しの本質」にも関わるところです。


ペン回しはジャグリングである。挑戦するスポーツ競技なのだ。
とすれば、「成功」や「達成」が評価の対象になるでしょうし、

ペン回しはある種のアートである。見栄えや構成を蔑ろにしてはいけない。
とすれば、「シークエンスの完成度(難易度、習熟度、構成、総合した完成度)」が評価の対象になるでしょう。
難しいのは前者は優劣が割とはっきりつき、後者はつけがたいというところです。


当初の事の発端であるbonkuraさんの件に関して言えば、
本当にただ文化の共有という点で難しいということが一番の要因かと思います。

彼に関して「今現在、動画だけで判断できない部分」が多く、
また当人もペン回しの歴史のごく一部にしか触れていないので、
「今のペン回し界において」でしか判断ができないのです。

bonkuraさんが本当にすごい、という認識は、彼がどういった流れでペン回し界に存在し、
またペン回し界との関係がどうであったか、などを知っているからこそあり得るのです。
そういう意味では、不必要に過去のものが駆逐されて失われていくのはとても悲しいことだな、と
ここ最近考えていたところでした。


Frontierさんは技術的な側面から見られてらっしゃって、
全くぼくと違う方向からでしたので、意見交換という意味でも書かせていただきました。
長文失礼いたしました。

スポンサーサイト

まわし。 | comment(2) |


2012/03/31 (Sat) tweetまとめ

うーん
新しい技を流れに入れようとすると
その技をするための流れが必要になるからなんかあれやな
どこからでも入れられるようにならんと使えんな

ぼくの考えを全く読んだことのない外人でも、
ぼくの動画を見てぼくのやろうとしていることを理解してくれる人はいる
ということはぼくの姿勢は決して間違えているわけではないのだと気付いた
今の形を目指してよかったと思う

日本のジャグリングは技術に縛られてるとこがあって、
ヨーロッパのジャグリングに見られる「面白さ」はそう見れない
音楽もどうやらそうらしい
外国の真似が多くて完全なオリジナルは少ないんだとかなんとか
その辺は国民性なんかな
どの世界でもそうな気がする

もっともっと広い目で世界を見たい
間違いだと思ってたことも間違いじゃないのかもしれないからね

技術的な側面以外から攻めるっていう姿勢は間違っているんですかね?
いや、どの世界でもそういうところはあるのに、この世界にないのはおかしい

反感を買うかもなので良いものはスルー、
自分よりも劣っていると思ったら嬉々として潰しにかかる
だから日本のペン回し界はクソ
いいものが生まれにくい 未来なんてない 
結局外国か先人の真似ばかりしなくちゃいけないわけでしょう?

自分が「いいな」と思った感覚って大事にしなきゃいけないなと思う
なぜいいと思ったのかまで考えることができたらベストかな
いいものを知らずしていいものは作れないからな

「良い」と「上手い・巧い」って完全にイコールとは言えないですよね
うまいけど良くないものはいっぱいありますし、
下手だけど良いものもいっぱいあります

まあうまい方が得するのは明らかなんですけど

やっぱ動画にするとなると動画に適した表現、技法、準備が必要だと思います

パフォーマンスはコンテンツを売ってるんじゃなくて自分を売ってるんですよ?

歴史を学ぶことって自分にとっては全く意味のないもので、
面倒な教科だと今でも思ってるけど、
歴史を学ぶっていう姿勢はとても大事なことだとずっと思ってる
でないと今を本当に知ることはできないし、
そこでうまく生きることもできない

え、ぼくに発言力なんてありませんよ
少し話題を持ってくことはありますけどその程度じゃないです
論理破綻してなくてまともなこと言ってたら
人はちゃんと話を聞いてくれるってだけだと思いますけど
影響力も皆無ですよ 現に誰もぼくみたいなことしないじゃないですか

ようはぼくは警笛を鳴らしているわけで
それ俺に関係ないようるさいよって言われるのは当たり前の話です

そんなにぼくを怖がらないでくださいよー
まともに会話する気があるのなら大丈夫ですってー

ざっき。 | comment(1) |


2012/02/28 (Tue) 最近練習していること

ペン回しはマジでアイデア無いんで何もやってないです

いや、無いわけではないんですけど物理的に難しいんです
道具的な意味で新しいペン回しを考えてるんですよ
素材がなくて作れないというか、そういう状態なのです

本題は追記から

ざっき。 | comment(0) |


2012/02/14 (Tue) ぼくがこの状態に行きついた過程

先日某スピナーラジオに出演した際にちょっと話題になりかけたので記事にしてみます

ご存じの通りロウガイスタイルで名を馳せたわたくしですが
その昔は高みを目指す普通のスピナーでした

どうして突然気が狂ってしまったのか
簡単に書いてみたいと思います



難易度が高くて、斬新なコンボが入ったFSこそ至高
key_3さんが理想の形だった
ぼくは当時思っていた

JapEn3rdに出演し、今までを振り返り今後ぼくはどうしようかと考えた時に
いくつかの不安が募っていた


新しいコンボを考える、難しいとされていた技をやってのける
それこそがウマコテたる証だ
しかし、それは本当なのか?と

新しいコンボを考えても、誰かが真似してしまう
難しい技とされていた技も、どんどんみんな成功させている

このままではみんなの中に埋もれてしまう
みんなと同じ方向を目指していては、いつか自分に限界がきてしまう



ぼくはJapEn3rdの後いろいろな動画を見て研究した
そこで気付いたことがある

良いFSをつくる人は一貫したものがあるということ
環境も、ペンも、技もそう
そうして「その人にしかできないFS」をつくっている

当時のぼくのFSは誰でも真似できたと思う
なんとか技が成功すればよいと思っていたからだ
技が自分のものになっていない限り、それは自分のものではないのではないかと思ったのだ

(それは今のペン回し界にも共通して言えることかも知れない
誰かが成功させた技を自分も成功させたから、すごい
というのは自分のすごさではない
いや一面では自分のすごさなのだが、結局のところオリジナルの魅力がちらついてしまうものだ
それは100%自分の魅力でないということだ)



中学の体育館だかに貼ってあった言葉なのだが

「誰にもできないようなことをするのはとても難しく、すごいことだが、
誰にもできることを誰にもできないくらい徹底するのはもっと難しく、すごいことだ」

今の自分の形はこの言葉から着想し、目指すようになった
先述の疑問の答えとしても一致する


結果、誰にも真似できない状態になった
良い意味でも、悪い意味でも

ぼくは、スピナーとして跳ぶことはやめました
むしろ掘るようになりました

何も進歩はみんな跳んでる天にあるとは限らないかも知れないじゃないですか
もしかしたらすぐそこに埋まってるかもしれないじゃないですか

ただ、掘り進んでていてもぼく一人しかいなくて
独りよがりになってしまうのですけどね

まわし。 | comment(3) |


2012/01/12 (Thu) 6年記念



YouTube

ペン回しはじめて7年目に入りました
ロウガイと巷では言われていますが歴的にはまだ初老くらいじゃないですかね

去年の動画のよかったものをまとめてみました
最初すごい壮大なBGM使ってたんですけど、
それじゃあBGM効果でかっこよく見えるだけじゃないのかなあと思いまして
より動画のイメージに近いBGMに変更しました

まあそんなところで
どうぞご覧くださいませ





YouTube


ついでに
こちらは2010年以前のまとめ動画です
あわせてご覧いただけるとうれしいです

まわし。 | comment(0) |


2011/12/26 (Mon) JapEn7th

やって参りましたJapEnの季節でございます
制作委員のみなさま、JapEnに関わったすべてのみなさま、お疲れ様です
ぼくは今年も楽しませていただきました

今年は仕事のために公開待機ができないという事態でして、
20歳になったことを再確認しました…



今回のJapEnは映像作品としてのクォリティが非常に高かったですね
かっこいいです

6thと同様、推薦だろうが完全審査制ということでしたね
今年は呼ばれることはなく(当たり前ですが)、時代の流れを今更に実感しました

今年公開されたCVは全部と言いませんが8割ほどは目を通してきたつもりです
しかし実際自分が動画を撮ったのは10数本でした
自身がペン回しから遠ざかっているのは確かなことで、それを再確認させられました



しかしJapEnが楽しみであることには変わりなく、
せっかくなら今年で最後だろうけどもJapEnに関わりたいという気持ちが片隅にありました

偶然11月の終わりに時間をかけて撮影していた動画が手元にあり、
JapEnに関わらずして意見を言うのも筋違いな話だなと思って、迷った末に動画を提出しました
動画を提出したということで、その時点で自分では満足していました

なので実際に成果物を見たときにただただ驚きました
と同時に申し訳ない気持ちがありました

あの形で今年のJapEnの一部を飾るというのは不本意でした
制作委員会の考えた末の判断なのでしょうが、
出来上がったものはそれ以外で評価されることはないのです

提出されたものだけの印象だけでなく、実際の映像に載せたときの印象も考慮する必要があります
ぼくはあの形なら、他の人を出した方がよかったように思います



問題の僕の動画は先述の通り特にJapEnを意識した動画ではなかったので、はっきり言っていつも通りです
しかし今回の出演者及び落選者の動画を見るとJapEnという気負いからか、
いつも通り以上の力を出せている人がほとんど、というわけでは決してありませんでした

公開後に制作委員の方々と話をしましたが、
きっとそれが制作委員を悩ませた原因だったのでしょう
難しいものです



はやりJapEnとなると様々な心情が生まれます
他人の目を気にします
誰もに認められたいと思います

その気持ちは自然なことですが、それではいいものは生まれにくいでしょう
誰が見てもウケるというのはかなり一般化された状態にあります
それでは個人の魅力が半減です

やりたいことやったれ、やり切った
くらいの方が伝わる人にちゃんと伝わります
いいものができます

ただしそれなりの反発があることも理解しておく必要があります
今回に関してぼくはやりたいことやりましたし、後悔はありません

まあぼくは今回も相当バッシングを浴びていますが、
ある意味では反応が大きいということなので成功したなと思っています
見てくれない、反応がないというのが一番の失敗だと考えていますので



そして今回のJapEnの企画はどうだったのでしょう
去年は世代交代という大きなテーマを掲げ、
ぼくもそのテーマを感じることができました

今年のテーマは何だったのでしょう
映像作品としてはかっこよかったです
とてもいいものでした

しかし企画として、何がテーマだったのでしょう
今年は少し不明瞭です

制作委員の方々と話をしていても、
動画の評価基準が「映像としてどうか」という部分が大きかったように感じました
「BGMとのマッチ」をかなり優先しているような印象でした

そう、だから結果としてかっこいい映像に仕上がっているのです
しかしそれ以上を感じることは少し難しいです
メッセージなくして人を感動させることは難しいのです

がおちゃんがtwitterで
「今年はうまいやつ集めまくる」
「今年は古参復活祭や」
と予め方向性を決めておくとよいのではないか、と提言していましたが

まさにその通りで、皆が求める形やテーマをあらかじめ提示するというのが
今までに足りなかったことなのではないかと思いました



動画は圧倒的にモナチョさんがよかったと思います
特に構成は、研究すべきだなと感じました

初見ですべての魅力が伝わるFSだったように思います
次は何が起こるのかといったワクワク感が、あの20秒ほどに凝縮されています
ぼくはとても不思議な感覚に陥りました

これが今回モナチョさんが大きく評価されている要因だと思いました
目ですぐわかるコンボと少しひねったコンボの混ぜ方が非常にうまいのです

ぼくは手品をやっているわけですが、
手品における呼吸とストレスの考え方に通ずるものを感じました

手品をお客様にぶっ続けで見せるとどうなるでしょう
非常に疲れます、飽きます

息抜きを挟んだり、
そもそも演技の中に集中させるところとそうでなくても良いところを作ったりして
できるだけ気持ちよく、効果的に演出します

これを、ぼくはモナチョさんの動画から感じたのです
やってることはいい意味で非常に気持ち悪いですが、見るには一種の気持ち良さがあります
それが今回の彼の動画が大きく評価された要因なのではないでしょうか



JapEnが必要かどうかという声もありますが、ぼくはあってもいいんじゃないかなと思います
毎年みんながこうして集まってお祭り騒ぎなんてJapEnがないとできないです
毎年これがあるから楽しいといいますか、
一種のモチベーションのためにぼくは必要なのではないかなと思うわけです


ペン回しのビデオを作るというのは実はあまり意味がないのではないか、
そういう考えに触れたことがあります(僕の考えではない

編集の際に、どうしても出演者の動画をカットしなくてはいけない
などということはよくあることです

しかしペン回しの動画というコンテンツが、短く、組み立て作業の成果物という性質から
カットという行為はある意味冒涜に値するのではないか、という場面は必ず発生します
音楽に合わせるがために、コンテンツの魅力を損なう可能性は大いにあります

そこまでしてビデオを作る必要があるのかと
それは「ドラマ作るからみんなそれぞれドラマ1本撮ってきて。
みんなの動画のいいとこだけ寄せ集めていいドラマ1本にまとめるから。」
と言っているのと同意だ、と

確かに、と思ったのです
しかしJapEnが不要だとは思わなかったです
同時に、ペン回しのCVというコンテンツがまだ確立されていないのだという事実に気付かされました



いろいろ言ったんですけども今年のJapEnも大きな意味があったと思います
きっと来年もまたJapEnを企画するのであればもっとよくなるでしょう
来年もとても楽しみに見るだろうと思います

はい
もうぼくは十分邪魔してしまったんでこのくらいで
みなさま良いお年をー

まわし。 | comment(11) |


2011/10/01 (Sat)

昨日のバイト前ミーティング時の出来事

あのう…僕のシフト表、家に届いてなかったんですけど…
ああ、それは終わった後で、話します
え…(怖ええええなにこれなにこれシフト表送られないくらいの何かしたっけ俺…?)

バイト中
おうふ…今日の生徒全然言うこと聞かねえよ…
授業にならんでえ…1年近く働いてんのにこんなおま…

バイト後ミーティング
今日の生徒の様子は~
~お疲れ様です

そうそう、シフト表がないという件なんですが
ごくり…

本部の方で調整ができましたので10月以降つるぎ君の仕事はないんですよ
はい?

今日で最後の授業です
え?



というわけで昨日付で塾講師を退職した
そう言うと大層なことだが実質「バイト辞めた」と同意ね

辞めるのは11月末の予定だったが2ヶ月早く辞めることはできた
が12月まで給料が入る計算だったので非常に焦っておる

11月までに新しいバイトを探そうと思っていたのだ
今度は市内で頑張って探したいもんだ
遠いのは勘弁

しかしこの歳で退職届を書くというのはなかなかできない経験やねw
塾だけにそういうところはしっかりしている

8月に辞めますって言ったときはかなり引き止められたもんだが
実際はこうだ

まあそんなもんだろう

仕事自体はそんなに嫌じゃなかったな
基本的に子供の相手は好きだし

久しぶりに数学に触れたし
歴史とか理科とか自分もあまり勉強してなかったことももう一回勉強できたし

問題があったとすれば時々市外に飛ばされることくらいか
冬場なんてすべて市外、なんて時期もあって
足がない俺にとってそれが一番大変だった

まあ岡山にすればそれなりの給料ももらえたし
会社の事情さえ知らなければいい仕事だったんじゃないかね

しかしここでたった一つ、問題が残っているのだ

来週、室長とメシ

いやもう去年言ってたことだから完全になかったものとみなしてたけど
今更なんか食わせてくれるらしい

おうふ…

ざっき。 | comment(0) |


2011/08/06 (Sat) JapEn6thオーダーとシザスピリバ

多くの人がJapEn6thの私のFSをコピーしてyoutubeにアップしてくれてますけど
誰もオーダーすら正しくコピーできてないですw

中にはオーダーガン無視して雰囲気をコピーする人まで出現
むしろそっちを評価したいくらいひどいので正しいオーダーをば

12-12リバース⇒12-23リバース⇒23-34裏パス⇒3捻り⇒23-12パス⇒12-23リバース⇒23-34裏パス⇒3捻り⇒23-12パス⇒12-34裏ガンマンRe⇒3捻り⇒23-34シザースピンRe0.5⇒34-23バック⇒23-45バック⇒45-45バック⇒4ソニック⇒3捻り⇒※2バックRe1.0⇒12-34FLリバース⇒3半ガンマン⇒FL12sp1.5⇒23-34-45パス⇒45ノーマル
※2バックRe1.5を1.0でキャンセルするような感じで次のFLリバースに入る



あまりオーダーなんて書かないので書き方分かりませんけど大丈夫ですかねw

※の部分がシザースピンになってる人がほとんどです
ctionさんができてたんですけど、シザースピンReがおしい

まあどうせなら正しくコピーしてほしいなあという
いや手癖まで似せろなんて言いませんよ?
せめてオーダーくらいはね

-----------------------------------------------------------------------

もう一つはこちら


シザスピリバのチュートリアル動画です

シザースピンリバースの技そのものは全く新しいものではありません
その昔、今の皆さんにとっては大昔かもしれません、そのくらい昔からあります
しかしフリースタイルに入れたのは見たことがなかったので練習した結果です

もしかしたら需要がどこかにあるかもしれないので作ってみたわけです
外人が見ても大丈夫なように英語で書いたんですけど英語弱すぎてやばいです
誰か指摘してください

シザースピンリバースはシメトリカルシャドウに似てますが
しかし回る位置が手の平ではなくシザースピンの位置なのです

3ソニック捻りの勢いをそのまま使うこと、
3ソニック捻りが回り切るまでしっかり「待つ」ことがコツです

まあそんなニュアンスで書いたつもりなんですけど多分無茶苦茶でしょうねw
スピナーなんて動画だけありゃあなんとかなるだろ!!

まわし。 | comment(1) |


2011/08/01 (Mon) NPFレポ番外編

スタッフとして働いて参りました
レポって言うより勝手に反省会です


まず開始直後入り口が混みましたね
エントリー用紙から受付への流れがスムーズでないように感じました

どうせ多くの方が開場前にいらっしゃるのなら開場前に来た人にエントリー用紙を配ってしまえばよかったな…と思いました

机の配置も動線がスムーズだとは言い難い配置でした

次に全員がお金を払ったのか、という問題です
別に疑うという訳じゃあございませんが確実に100%受付を済ませられたのか?と聞かれても私自身「…さぁ?」って感じです

ここで重要なアイテムが登場です!
そう、名札です

再入場の際に必要と言われたかと思いますが、これは名前をわかってもらう他にお金を払ったという証明です

邪魔だし格好良いものではないけど率先して首から下げていただけたら良いですねー助かりますねー


カメラの線短かったですね
恐らく何人かはベストアングルでなかったと思います
なんかカメラ私にはツンだし
来年は長いデレるカメラを所望します

いや、別に来年も手伝う気はないですが…
またつるぎがお邪魔して人手が足りないなら何なりとお手伝いするつもりですが

最後にゴミですね
落とさないでください
ペンも

流石にお客様の愛ペンをほいそれとスタッフは捨てられません
親切な方に貰われていきました
来年は落とし物コーナーを初めから作って置けばよいかもしれませんね

けどゴミはゴミ箱を設置する訳にはいきません
ナランハのスタッフさんに大量のゴミを捨てさせることになります
今回も捨てられたゴミは拾いましたが気持ちは良くないです



学校の先生のようですが、まだまだ始まって3回目の手作りのイベントです
そんな中一人一人の心がけで良くなっていく部分が沢山あると思います


ゴミを持って帰るのはその一歩ってことで


2011は終わりましたが2012の始まりでもあります
337さんがツイッターで意見を募っていました

お客様にはお客様にしか気付かないことがあると思います
もし宜しければ来年の為に何か一言頂けたらと思います




ナランハのスタッフさん、337さんお疲れ様でした
337さんでずっぱりの喋りっぱなしで一日は凄いなぁと思います
本当にお疲れ様でした
ありがとうございました

まわし。 | comment(0) |


2011/07/24 (Sun) 今年も行ってきましたNPF

くそハードスケジュールの中がんばって行ったにも関わらず龍貴には会えず
なんでやねん
きっと彼と会うとどっちかが死ぬんでしょうね
そのくらい会えないw

今年はスタッフでも選手でもなく完全に客として参加
というのも本来当日の夕方には岡山にとんぼ返りして依頼をこなすつもりだったのね

終日イベントに参加できない予定だったわけ
それで依頼の日が急に動いたもんだからこっちもびっくり
今回はオフ会感覚で参加したという次第ですわ

そしてなぜかぼくの彼女はスタッフとしてバリバリ働いてました
よい働きをしておりました
みんな感謝してあげてください



さて念願の東京組との邂逅だったわけで
やっぱり行ってよかった

大阪の時に比べて本当に知らない人が多かったなあ
話しかけてくれた人達は覚えたけどね

未だにサインとか求められるからちょっとびっくりしてしまった
もうただの老害スピナーやで…
コンテストはなんやかんやで当日参加もできたし老害スピニングを披露してもよかったかも分からんね

結局ゲームには参加
2本以上の回しコンテスト

まあ見た人は分かると思うけど
みんなああいうアホみたいなこともっとすればよいと思うんだよな
せっかくリアルなんだし

そういう意味では今年はKateさんに優勝してほしかった部分もあってね
生でしか通用しない新しい切り口
ペン回しをパフォーマンスにできないかという試みだよね

動画じゃできないことだし
生というフィールドを上手く活かせるはずなんよね
そういう意味では面白いしそういう人がもっといてもいいかも知れないと思うんだけど

難しい
本人とも話したけどやっぱり難しいね
すごく面白いと思うんだけどね

コンテストの結果は然るべき形におさまってたと思う
入賞者の御3方おめでとうございます
あっという間に時間は過ぎて今年のNPFは終了となった

スタッフのみなさまに多大な感謝
ありがとうございました
来年は大阪なんで協力できることもあるかも知れません

本当に楽しい濃厚な一日でした

イベント後は去年と同じくスタッフスピナーはじめおなじみ古参メンバーでご飯食べに行って一日は幕を閉じました

またどこかでお会いしましょう
本当にありがとうございました



あとおまえらゴミは持って帰れって言ってるんだからちゃんと持って帰れな
忘れ物もよく確認するんだぞ

ざっき。 | comment(1) |


| TOP | next >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。